黄体期(高温期)は、バストアップサプリを飲んだら駄目!副作用が起きる可能性大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

バストアップサプリ黄体期(高温期)に飲んだら駄目!」

 

生理前になると胸が張った感覚になり事を実感する人も多いと思います
それは、排卵日直前がもっともエストロゲン(卵胞ホルモン)が多くなる時期だからです

 

排卵を境に黄体期になり、エストロゲンよりもプロゲステロンというホルモンが多くなります


バストアップサプリでホルモンバランスが崩れる

黄体期になり、エストロゲンよりもプロゲステロンが多く分泌される状態になるのが
一般的なのですが、ここで多くのバストアップサプリの主原料であるプエラリアを摂取してエストロゲンを多く分泌させてしまうと

 

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れてしまいます

 

本来、プロゲステロンが多くなければいけない時期にエストロゲンが多くなってしまい生理痛がひどくなったり、生理周期が乱れて生理不順になったりと言う副作用が起きてしまうことになります

 

バストアップサプリを飲む時期としては、卵胞期(低温期)が最適です
高温期には、飲むのを中止するのも良いですし、飲む量を減らすという対処方法もあります。

 

また、数は少ないですが、バストアップサプリには「ワイルドヤム」と言う成分を使っている商品もあります
ワイルドヤムは、プロゲステロンの働きをサポートするので、高温期にも摂取したいのであればワイルドヤムのバストアップサプリがいいでしょう

このエントリーをはてなブックマークに追加